塾に通わせて意味ないわけがない!塾には勉強以外にもメリットあり

子どもを塾に通わせても意味ないと考える親御さんのために、子どもを塾に通わせるメリットを紹介している記事です。塾は勉強のためだけではなく、さまざまな面で子どもたちにメリットを与えてくれます。

それほど成績は悪くないし、特に塾に通わせる意味ないかな…とお考えの親御さん。たしかに成績が悪くないならそう考えるのも無理はありません。しかし、塾に通うことで得られるのは学力の向上という効果だけではありません。この記事では、子どもを塾に通わせることで得られる数々のメリットについて紹介しています。子どもを塾に通わせるかどうかお悩みの方は、ぜひ読んでみてください。

子どもを塾に通わせる最大目標

塾s

子どもを塾に通わせる最大の目標は、志望校への合格や学校の成績の向上です。もちろん、やり方によっては塾に通わせなくてもこの目標を達成できるかもしれません。また、クラスメイトとは別の進路をとるという場合も、塾へ通わせる意味があるのか、親御さんとしては考えてしまうかもしれませんね。

ただ、子どもの意志に任せて勉強をさせるのはなかなか難しいことです。特に、思春期を迎える子どもたちにとって、勉強に、常に安定した精神状態で臨むことは至難の業です。

子どもを塾に通わせる、学力向上以外のメリット

塾

子どもを塾に通わせることで、志望校への合格や学力向上という良い効果を得られることはたしかです。しかし、塾には、それらに付随するメリットがたくさんあります。もしも、「塾に通わせる意味ないんじゃない?」と考えている方には特に、そのメリットについて知っていただきたいと思います。

受験に関する情報が得られる

塾は勉強を教えてくれる場所でもありますが、同時に受験に関する最新情報が手に入る場所でもあります。自宅でひとり、勉強させたとしても学力は上がるかもしれませんが、新鮮な情報を手に入れることはなかなかかんたんではありません。

ひとりで最新情報を手に入れるには、ただ闇雲にネットで検索するのではなく、学校の進路説明会に参加したり、模試を受けたりすることが重要です。オープンキャンパスに行ってみてもよいでしょう。

しかし、ひとりで学習していると、こういったことにはなかなか頭が回りません。

そこで塾の出番です。塾なら、講師から進路に関する情報やアドバイスがあります。親御さんとも定期的にコミュニケーションをとりながら、子どもの成績のことだけではなく、進路に関する情報もシェアしてくれます。受験を制するには情報を制する必要がありますが、塾ならその心配をする必要はありません。

自習室の利用が可能

家や図書館などで勉強をさせると子どもの集中力が持続しないことがあります。多くの塾は自習室を備えているので、子どもも集中して勉強することが可能です。

親御さんとしても、塾に子どもを預けるなら安心できます。

ほかの学校の友達ができる

塾にはほかの学校から通ってくる児童や生徒がいます。普段、関わることのなかった新しい友達ができると、子どもにも新しい考え方やポジティブな変化が見られるようになります。学校にいるだけではわからなかった、すごい努力をしている友達の存在に子どもが気づいたとしたら、目標へのモチベーションにもつながるでしょう。

また、塾には先輩や後輩もいます。子どもに良い刺激を与えてくれる存在が、講師やスタッフ以外にもたくさんいるのです。そんな友達ができることは、子どもを塾に通わせる大きなメリットだといえるのではないでしょうか。

新しい友達ができると、勉強以外の楽しみもできるでしょう。塾は勉強をするだけの場所ではありません。友達と楽しく過ごす場でもあります。

私立高校と塾はつながっている

高校受験限定の話になりますが、意外なほどに塾と私立高校はつながっています。私立高校が塾に定期的にあいさつに行くことはめずらしくありません。逆に塾のほうから高校に行くこともあります。そのため、受験に関して、これまでと基準が変わることがあっても、その情報がいち早く塾には入ってきます。そのほかの情報も随時アップデートされるので、私立高校を狙うなら、塾はとても有用です。

定期テストの出題傾向がつかめる

全国展開している進学塾ではなく、地域に根付いて指導している塾は、ほとんどが定期テストの出題傾向をつかんでいます。塾は、過去の出題からその傾向を分析しているため、その過去に出題された問題を解いて定期テストに臨むことができます。この点も、ひとりで勉強するだけでは得られない、子どもを塾に通わせる大きなメリットだといえるでしょう。

モチベーションを維持したまま次の目標を目指せる

たとえば、中学校の定期テストで高得点をとり成績も向上。第一志望の高校に子どもが合格したとしましょう。ひとつの目標を達成してしまったら「それで終わり」にしてしまう場合が多いものですが、高校に合格しても、次にはすぐ大学受験が待ち受けています。

子どもを塾に通わせると、塾が向かうべき進路を指し示してくれるので、モチベーションを維持したまま次の目標を目指せます。

もちろん、高校に入ったからといってすぐに第一志望の大学を定めるのは難しいかもしれませんが、塾のサポートがあれば、少なくとも正しい方向に進んでいけます。

塾は勉強の相談はもちろんのこと、それ以外の相談にものってくれる

通常、塾では教科を選択して学びます。しかし、塾では勉強のやり方、進め方などの基本的な相談にものってくれるので、もしも学校の勉強で「ここがわからない」というものがあれば、それがたとえ選択している教科のものではなくても教えてくれるはずです。

なかには、まだ勉強のやり方が身についていない子どももいるので、それまでなかなか成績が上がらなかった子どもでも、正しい勉強のやり方を身につければグングン成績が上がる場合もあります。

また、特に思春期の子どもたちには勉強以外の悩みが付き物です。親には相談できないようなことでも、比較的年齢の近い塾の講師には相談できることもあります。塾の講師のなかには大学生も多くいますが、子どもたちにとっては兄や姉のような存在ですし、最近まで同じような悩みを持っていたわけですから、子どもたちに共感するだけではなく、適切なアドバイスをくれるはずです。

大学生の講師の実力に不安を持つ親御さんもいらっしゃいますが、子どもたちよりもちょっと先に同じ道を通ってきた講師たちは、子どもたちにとって、とても頼りになる存在なのです。

塾は子どもたちにとって意味ない場所ではありません

塾

ご紹介したように、子どもたちを塾に通わせることには意味があります。志望校合格や成績アップ、苦手科目の克服など、塾で目指すべきところは勉強に関すること。しかし、子どもたちは塾に通うことにより、もっと多くのメリットを得られるのです。

勉強のやり方がわかっている子どもなら、家で勉強するだけでも良い成績をとれるかもしれませんが、塾に通わせれば、彼らはもっと良い成績をとれる可能性があります。勉強のやり方がまだしっかりわかっていない子どもなら、塾に通わせることで、飛躍的に成績がアップするかもしれません。

まとめ

塾

子どもを塾に通わせるということは、部活動や習い事、趣味にも影響することがあるので、そのあたりを危惧している親御さんもいらっしゃるかと思います。しかし、最近は、忙しい子どもたちでも通いやすい塾が増えているので、これらと学習を両立させることはもちろん可能です。「塾には通わせなくてもいいかな」と考えている親御さんに、塾のメリットを知っていただければ幸いです。